Profile

名称 百万年書房

   Million years bookstore

設立 2017年9月1日

代表 北尾修一

電話 080-3578-3502

メール kitao@millionyearsbookstore.com

 

北尾修一(きたお・しゅういち)

1968年京都府生まれ。編集者。

1993年6月1日から2017年8月31日まで、株式会社太田出版に在籍。

●最初に編集見習いとして担当した著者は、ビートたけし氏。芸能界第一線の緊張感を学びつつ、『完全失踪マニュアル』(樫村政則)、『セックス障害者たち』(バクシーシ山下)などの書籍を企画。同時に、雑誌『Quick Japan』にて企画・編集・執筆活動を行う。

●1996年3月、書籍シリーズ「800円本」を立ち上げる。「日本にもペーパーバックのような本を」という狙いで、全16冊刊行。『拝啓 小沢健二様』(Various Writers)、『自殺直前日記』(山田花子)、『消えた漫画家』全3巻(大泉実成)、『庵野秀明 スキゾ・エヴァンゲリオン』『庵野秀明 パラノ・エヴァンゲリオン』などのヒット作が生まれる。

●1996年11月、復刻マンガシリーズ「QJ漫画選書」立ち上げに参加(全16冊)。竹熊健太郎氏、米沢嘉博氏、宇田川岳夫氏が監修を務めた同シリーズのうち『怪談 人間時計』(徳南晴一郎)、『定本・悪魔くん』(水木しげる)、『聖マッスル』(ふくしま政美)などの編集に携わる。

●1999年2月より2003年8月まで(vol.23~vol.50)、雑誌『Quick Japan』編集長を務める。「News Magazine for Youth Culture」をコンセプトに誌面を刷新。主な特集はマリスミゼル、及川光博、忌野清志郎、どんと、椎名林檎、THA BLUE HERB、『バトル・ロワイアル』、ナンバーガール、菊地成孔(DCPRG、スパンクハッピー)、タモリ、クレイジーケンバンド、板尾創路、氣志團、ラーメンズ、BOREDOMS、「はねるのトびら」、など。※Vol.46以降は同誌発行人も兼任。

●2006年9月、松尾スズキ氏をスーパーバイザーに迎えた文芸誌『hon-nin』(季刊)を立ち上げ、編集長を務める(全12冊刊行)。同誌vol.11では明石家さんま氏を表紙に迎え、独占インタビューを掲載。

●2008年1月、雑誌『hon-nin』発の書籍シリーズ「本人本」を立ち上げ(全11冊刊行)。『ビートたけしのオールナイトニッポン傑作選』(兵庫慎司)、『君は白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で)』(宮藤官九郎)、『男性不信』(辛酸なめ子)、『ほんたにちゃん』(本谷有希子)などを刊行。

●上記以外の主だった編集担当書籍は『星の遠さ 寿命の長さ』(松尾スズキ)、『方舟』(しりあがり寿)、『四畳半神話大系』(森見登美彦)、『ロックで独立する方法』(忌野清志郎)、『失点イン・ザ・パーク』(ECD)、『現代SF1500冊』全2巻(大森望)、『ゼロから始める都市型狩猟採集生活』(坂口恭平)、『遺書 関東連合崩壊の真実と、ある兄弟の絆』(瓜田純士)、『年収90万円で東京ハッピーライフ』(大原扁理)、『定本・宮本から君へ』全4巻(新井英樹)、『日本×香港×台湾 若者はあきらめない』(SEALDs・編)、『創作あーちすと NON』(のん)など。

※24年間ぶんの全担当書籍は挙げきれませんでした。あしからずご了承ください。