犬ではないと言われた犬

著者名
向坂くじら(著)
発売日 2024年07月11日
価格 1800円+税
判型 四六判
ISBN 9784910053530

 

初小説『いなくなくならなくならないで』が、第171回芥川賞候補作品に。

今もっとも注目を集める詩人の、「言葉」をめぐるエッセイ集。

【目次】

くちぶえ、ソロで
犬ではないと言われた犬
とありますが、どんなこころですか
矮小な手のひら
しゃべれない
ひとりで学ぶことについて
ほら、フレディ
ドアノブのないドア
ひとの子に
お前とポエムやるの息苦しいよ
微調整、微調整
雲のかよひ路
事象がわたしを
湯船に浸かる
かわいくはないよそもの
後ろ歩き
ミケ
あとがき

 

【著者略歴】

向坂くじら(さきさか・くじら)
詩人。1994年名古屋生まれ。「国語教室ことぱ舎」(埼玉県桶川市)代表。Gt.クマガイユウヤとのユニット「Anti-Trench」朗読担当。著書に詩集『とても小さな理解のための』、エッセイ集『夫婦間における愛の適温』、小説『いなくなくならなくならないで』ほか共著など。慶應義塾大学文学部卒。